個人再生メリット・デメリット

「個人再生メリット・デメリット」を以下にまとめてみました。
 

個人再生のメリット

○住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます
○利息制限法による引き直し計算により残元本の減額が行われます
○利息制限法による引き直し計算により減額された残金を更に5分の1に減額します。
但し、残金の5分の1が100万円より少ない場合は100万円までしか減額されません
また、清算価値基準といって、あなたの有する財産の価格が100万円又は残金の5分の1の金額を超える場合は、その価格までしか減額されません。
○過払い金の返還も場合によっては可能です。残元本以上の返済をしている場合は、過払い金の返還を求めることが可能です。
○自己破産のような、職業制限や資格制限がありません
○任意整理と違い、法律による強制力をもって、支払条件を変更することができます
 

個人再生のデメリット

○信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録されます
但し、銀行のキャッシュカードは作れますし、金融機関からの振込み、引き落とし等は通常通り行うことができます 。
官報に掲載されます。

借金問題に関するお問い合わせ・無料相談はこちら!

ImgTop2.jpg

●HOME ●無料相談会 ●事務所紹介 ●スタッフ紹介 ●料金表  
●アクセスマップ ●減額報酬頂きません ●地元密着宣言